メールアドレスを掲載する時は注意書きが必要?

「メールアドレスを掲載する時は注意書きが必要?」の有益情報をお届け!

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル特典付レビュー

特定電子メール法が改正されてメルマガ発行にも影響が出てきます。あなたのメルマガは対策済ですか?

改正電子メール法対策

目次

改正された特定電子メール法に対してどうしたらよいか?

「改正特定電子メール法」メールセミナー

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルを実践するのに費用はかかるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは時間がない人にも出来るのか?簡単なのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルはモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルにデメリットはあるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは類似商材と比べてどちらが良いのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルで対策をしないとどうなる?

特典プレゼント

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルについての質問受付

特定電子メール法が改正されたあとのメルマガアフィリエイトは?



メールアドレスを掲載する時は注意書きが必要?

特定電子メール法(通称・迷惑メール防止法)が改正されて
2ヶ月が経ちますが、未だに俗に言う迷惑メールは多いですね。


もしSNSなども含めてメールアドレスを公開している場合で
広告メールや迷惑メールの受信を望まない場合、
注意書きをしておいた方がいいみたいです。


広告メールや迷惑メールが欲しくて公開してる訳では
当然ないんですが、検索エンジンで検索してきたり、
ランダムに生成してヒットさせたりしてるみたいです。


法律をかみ砕いて解釈すると、
お断りを表記していない公開メールアドレスには
広告メールや迷惑メールを送ってもよいことになるようです。


企業のお問い合わせ窓口で公開されてるのも
対象になるんでしょうか。。。


とらえ方とモラルの問題ですが、
一言添えておくだけで、あまりに酷い場合に
通報する一つの条件になると考えられるので、
メールアドレスの近くに、
こんな風に一言添えた方がいいみたいです。


【特定電子メール法に基づく表示】
広告メール・迷惑メールの送信は固くお断りします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113766426

この記事へのトラックバック
question.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。