メールの7割が迷惑メール 中国からのものが目立つ

「メールの7割が迷惑メール 中国からのものが目立つ」の有益情報をお届け!

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル特典付レビュー

特定電子メール法が改正されてメルマガ発行にも影響が出てきます。あなたのメルマガは対策済ですか?

改正電子メール法対策

目次

改正された特定電子メール法に対してどうしたらよいか?

「改正特定電子メール法」メールセミナー

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルを実践するのに費用はかかるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは時間がない人にも出来るのか?簡単なのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルはモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルにデメリットはあるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは類似商材と比べてどちらが良いのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルで対策をしないとどうなる?

特典プレゼント

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルについての質問受付

特定電子メール法が改正されたあとのメルマガアフィリエイトは?



メールの7割が迷惑メール 中国からのものが目立つ

日本の主要インターネットサービスプロバイダーが取り扱う
電子メールの7割が迷惑メールであることが、
「迷惑メール対策推進協議会」のまとめでわかった。


国内の規制が厳しくなった結果、大半が海外からの発信だと言う。


発信国別でみると、中国からが全体の約2割で最多。
今年に入ってブラジル発が急増する等、
発信国は全世界に広がっている。


迷惑メールの約9割を「出会いシリーズ統ウェブサイト」の
広告宣伝が占めるのがわが国の特質。


海外ではネットやコンピューター製品、
医術等の広告宣伝が多いという。


迷惑メールの大半は利用者にとどく前にプロバイダーなどが処理されているが、
インターネットワークへの負荷が殖える。
この為、政府や民間会社は迷惑メール撲滅に向けた国際的な連携を強めている。


日本では2002年に制定された特定電子メール法の改正を重ねて対策を強化。
国内発の迷惑メールは減ったが、
逆に海外発のメールは増えると言ういたちごっこが続いている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
question.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。