特定電子メール法改正

「特定電子メール法改正」の有益情報をお届け!

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル特典付レビュー

特定電子メール法が改正されてメルマガ発行にも影響が出てきます。あなたのメルマガは対策済ですか?

改正電子メール法対策

目次

改正された特定電子メール法に対してどうしたらよいか?

「改正特定電子メール法」メールセミナー

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルを実践するのに費用はかかるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは時間がない人にも出来るのか?簡単なのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルはモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルにデメリットはあるのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは類似商材と比べてどちらが良いのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルで対策をしないとどうなる?

特典プレゼント

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルについての質問受付

特定電子メール法が改正されたあとのメルマガアフィリエイトは?



特定電子メール法改正:カテゴリの記事一覧です。

改正された特定電子メール法に対してどうしたらよいか?

こんにちは。
えあです^^


このブログでは「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルについてレビュー致します。


この音声ファイルは2008年12月1日に改正された特定電子メール法(迷惑メール防止法)に
対してどのように対策をとっていけばよいか?を2008年10月に開催されたセミナーの
実音声をまとめたものです。


ただ単にセミナーをまとめただけでなく、
新しい情報は順次メールしてくれるので、
法律について詳しくなくても、また時間がなくても
この法律のポイントを知ることができます。


>>「改正特定電子メール法」メールセミナー


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。


商材の販売ページはこちらになります。


「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」メールセミナー

まず、『「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル』のサイトでは、
作者の樺沢紫苑氏が無料のメールセミナーを行っているのですが、
こちらの方は既に登録されましたか?


この無料メールセミナーでは、
改正電子メール法に関して最低限必要な知識と最新情報が送られてきます。


こちらのページに、無料メールセミナーの登録フォームがございます。
リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみください。


注)そのサイトは有料サービスの紹介もしていますが、
とりあえず有料の方は無視していて良いと思いますよ。

無料メールセミナーだけでも十分得られるものはあります。
↓↓↓
「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル


>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルを実践するのに費用はかかるのか?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルを実践するのに費用はかかるのか?

この『「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル』はダウンロードした音声ファイルを聞くだけです。


なので、追加料金は一切かかりません。


今後メルマガを発行していく上で
特定電子メール法とうまくつきあっていくための大切なポイントが述べられていますので、
気付いたら高額な罰金を払わなきゃいけなくなってたなんて
状況にならないようにしてくださいね。


>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは時間がない人にも出来るのか?簡単なのか?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。


商材の販売ページはこちらになります。


「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは時間がない人にも出来るのか?簡単なのか?

この『「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル』
やるべきことは至って簡単です^^


音声ファイルを聞いて、あなたが発行するメルマガ発行情報を記載変更するだけ。


もちろん既にきちんと書かれているならば問題ありません。


音声ファイルは電車やバスで通勤しているなら、mp3プレイヤーで聞けます。
あなたの持っている携帯電話でもmp3が再生できれば聞けますね。



>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルはモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。

商材の販売ページはこちらになります。


「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルはモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは違法にならないための対策を
講じるために作られているので、まず違法性はありません。


またメルマガ発行スタンドなどの規約に反することは一切ありません。


>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルにデメリットはあるのか?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。


商材の販売ページはこちらになります。


「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルにデメリットはあるのか?

いいところばかり述べてきましたが、注意点もいくつあります。

基本的にこのサービスは、改正される特定電子メール法によって
あなたのメルマガ発行スタイルが処罰の対象にならないようにするための
手助けの一つです。


なので、単に聞いたり読んだりしただけで表記が間違っていたら、
処罰の対象になってしまうわけです。


また、メルマガ発行してないまたは発行する予定がない場合は関係がありません。


ご自身の状況ががどうかは、
読者と同じ状態であなたのメルマガを受信してみて判断してください。


あなた自身が書いていなくても、広告リンクまたは営業しているサイト(アフィリエイトブログなど)へのリンクがあれば法に触れる可能性があります。



>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは類似商材と比べてどちらが良いのか?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^


えあに質問をおくる。


商材の販売ページはこちらになります。


「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルは類似商材と比べてどちらが良いのか?

調べてみた結果、今のところ同じような商材はありません。


まだ改正法が施行されて間もないので、
また新しいものが出てくるかもしれません。



>>「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルで対策をしないとどうなる?


何かご質問がありましたらこちらからお気軽にどうぞ^^

えあに質問をおくる。


商材の販売ページはこちらになります。
「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイルで対策をしないとどうなる?

どうも世間の皆さんは法律の処罰について甘い考えを持っているようです。


バックナンバーを公開しなければ処罰を受けない、そう思ってますか?
バレなければ大丈夫、そう思ってますか?


バックナンバーを公開していなくても、読者は省庁に通報することが可能です。
通報により総務省が違法と判断したら、
あなたの収入源であるメルマガは発行停止に追い込まれて、
罰金として個人で100万円、団体の場合は3,000万円を支払わなくてはなりません。


一気に読者を失います。
信用も一緒に失います。


もはや笑い事ではないですね。
あなたのメルマガはこのままで大丈夫ですか?


>>商材についての質問に進む。



商材の販売ページはこちらになります。

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

特典プレゼント

このブログのリンクを経由して、商品をご購入くださった方へ
アフィリエイト活動を更に加速させる特典をプレゼントしております。


えあ特典


通常特典1
サト愛さんのハーモニー塾への招待状
ハーモニー塾
アフィリエイトに役立つ最新情報が交わされるサト愛さん主宰の有料塾にご招待します。


再配布可特典1

ステップ君
ステップ君
ステップ君とは、ホームページスペースに読者情報登録フォームを設置し、
登録された情報を受信し、あらかじめ登録された複数のストーリーを、
ストーリー番号順に自動的にメール配信を行うソフトです。


再配布可特典2

Impact PopUp
インパクトポップアップ
デザイン豊かな貼り紙式なので目立ちます。
最新のインターネットエクスプローラーでブロックされません。
無料ブログサイト等では設置できないケースがよくあります。


再配布可特典3

オートステップメールCGI
オートステップメールCGI
情報起業に於ける定番必須ツールです。
段階を踏んだメール配信が可能!ビジネス展開の切り口に・・
あらかじめ作成したストーリーを登録者にメール自動配信!


再配布可特典4

The メールサンダー
The メールサンダー
あらかじめ登録されたメールアドレスに、
メールを自動送信するプログラム。
自分のパソコンからメールアドレスを登録して、文章を作り、
簡単に送信することができます。

「改正特定電子メール法」対策セミナー音声ファイル

特典をご希望の場合は、上記のリンクを経由して商品を購入後、
マイページからダウンロードできる特典ファイル内の
特典請求フォームよりお申込下さいませ。


決済の前には下記の表示があることをご確認の上、
決済してください。
えあ特典チェック


ご登録いただいたメールアドレスは私からのご連絡用としてのみ利用し
第三者への提供は致しません。

利用しやすさとセキュリティーの狭間で苦難する現場

保護法施行から4年半、情報漏えい対策は進んでいるのか

 ここ数年の間、多くの企業は“情報漏えい”にかなりセンシティブになっている。その背景には、最近でもアリコ、三菱UFJ証券等、毎週のように大企業における情報漏えい事件が起きてメディアを騒がし、他人事ではなくなってきたことも、経営者の危機感をあおる要因となっているだろう。

 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が2009年11月に発表した調査結果によると、情報漏えい事故の原因は「誤操作」が35.2%で1番多い。続いて「管理ミス」が22.2%、「紛失・置き忘れ」が14.1%、「盗難」が11.2%、「不正な情報持ち出し」が5.8%だ。最大の原因である誤操作の内訳を見ると、「紙媒体の誤操作」「電子メールの誤送信」「FAXによる誤送信」の順で多く、現場の“ドキュメントの取り扱いミス”による漏えい事故が多いことが分かる。

 このようなミスを防ぐ為に、多様な現場教育が行なわれているが、教育だけでなくツールを導入して、ミスを未然に防ぐための“予防的な対策”が数多く行なわれている。

 一方、予防的な情報漏えい対策を実施することで、業務効率や生産性の低下を懸念する企業も多い。「折角、ITによって生産性が上がり、ドキュメントや情報伝達の高速化が図れたにもかかわらず、その利点を低下させてはIT導入の意味が無い」と言う声も有る。このような理由から、「あえて、予防的対策を取ら無い企業」「情報漏えい対策製品を導入したものの、現場で普及し無い」といったケースも出てきて居る。

 つまり、セキュリティと業務の効率性を、自社の状況に見合ったバランスにすることが非常に重要なのだ。その為には、自社のリスクを分析して、其れに見合ったセキュリティポリシーを策定し、必要に応じてそのポリシーを実施するための対策を行う、といった施策が必要だ。本特集では、「現場業務の効率と情報漏えい対策のバランスを、どう取っていくか?」についてかんがえていく。


予防と事後の対策が大切なポイントに

 情報漏えい対策をかんがえる際に基本となるアプローチが大きく分けて2つある。「予防的統制」と「発見的統制」だ。予防的統制とは、「そもそも、情報漏えいを発生させ無い」ために予防的な対策をおこなう統制方法。発見的統制は、「万が一、情報漏えい事件が発生してしまった際に、どのように対応するか」という事後対応に重きを置いた統制方法だ。

 一般的に、予防的統制は各PCの管理・監視ソリューション、入退室管理ソリューション、外部ドライブ管理ツール、ドキュメント管理ツール等、数多くのソリューションが各ベンダより提供されている。発見的統制では、万が一不正や情報漏えいが発生した際に、事後に「誰がいつ何処で漏えいさせたのか」を調査する必要があるため、主にログ管理ツールがその役割を担う。

 予防的統制には「統制=コントロール」や「抑止力」として効果があり、発見的統制には「証拠」としての役割が期待されている。

 例えば、予防的統制としてクライアントPCに管理・監視ソフトを導入すれば、社員がWinny等のリスクの高いソフトウェアを勝手にインストールして情報漏えい事故やウイルス感染するリスクを回避できる。又、発見的統制として、ログをきちんと管理していれば、もし不正な情報漏えいが起きた場合でも、事後にログをトレースすることで被疑者の特定が可能に成る。これは、「会社ぐるみでは無い」「身の潔白」を証明するためにたいせつだ。

 これらの点を踏まえ、情報漏えいを起こさ無いためには、予防的統制をしっかりと行なうのが理想だ。けど、“理想の予防的統制”を実現するためには、「あれもこれも対策をしなければ」となり、莫大な経費がかかる。

 企業経営者は、当然「100%情報漏えいが起き無い対策」を目指す。ですが、その為には多大な経費と労力が必要で有るため、投資対効果を考慮しなければなら無い。そして、予防的統制と発見的統制のバランスを取り、自社の現状に見合った情報漏えいポリシーを策定し、対策を実施する必要が有る。


まずはきちんとリスク分析をしよう

 前項で「自社の現状に見合った情報漏えいポリシーを策定する必要がある」と述べたが、ポリシーを策定する前にまず実施しなければなら無いのが、自社の現状を把握するための「リスク分析」だ。

 リスク分析とは、社内のあらゆる活動を洗い出し、そのリスク因子に対して発生確率や影響度合いなどを勘案し、リスクの大きさを算出することだ。ETA/FTA(催しツリー/フォールトツリー)、FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)など、色々な分析方法が存在する。日本版SOX法に対応した上場企業であれば、その際に「リスク・コントロールマトリクス」を作成したはずなので、それを基に情報漏えいリスクを分析することも可能だろう。

 リスク分析を行う際の手順は、まず第1に「リスク因子の存在を確認し、特定する」、そして2番目に「そのリスク因子がどの程度の頻度で発生するかを分析する」、そして、最後に「そのリスク因子でどの程度の損失が発生するのかを分析する」と言う3段階で実施するのが一般的だ。

 例えば、「営業部員がノートPCを持ち出している場合」であれば、「ノートPCを紛失する」「電車内等で、PCを利用している際にデータをのぞき見される」「得意先に社外秘のデータを見せてしまう」「外出中にウイルスに感染して社内に持ち込む」等等、さまざまなリスクが想定される。そのリスク1つ1つに対して、上記の3項目を順番にチェックし、リスク分析を行うことが重要だ。

 そして、リスク分析を行った結果、そのリスクに応じた対策を検討するべきで有る。

特定電子メール法改正後、初めての法的措置

総務省では出会い系サイト7社を運営する会社に対し、
法第29条に基づき、総務大臣が電気通信事業者に対して

送信者に関する情報の提供を求め、提供された情報から、
法第7条に基づく措置を行った。


昨年12/1に改正されて初めての処分。


また、協賛登録に関する断りを明記していなかったりなど
細かな配慮もしてなかった事も処分の対象。


今後、出会い系サイト全般にも波紋が及ぶ可能性もあるが、
アフィリエイターも人ごとと思わず、自分が表示している情報や
代理登録のデータ管理などを徹底する必要があると考えられる。


参考資料:
総務省|株式会社エレクトリックオペレーションに対する特定電子メール法違反にかかる措置命令の実施

出会い系サイト2社、大量に広告メール送信で改善命令

消費者庁と総務省は出合いシリーズサイトの広告メールを
受信者の同意なしに大量に送ったとして、


サイト運営会社の「エイト(EIGHT)」(東京都渋谷区)と「アルファクト」(同)に対し、
特定電子メール法違反で2009年10月19日に改善を命じた。


特定電子メール法が消費者庁と総務省の共管となってから
初めての処分がされた。

メールの7割が迷惑メール 中国からのものが目立つ

日本の主要インターネットサービスプロバイダーが取り扱う
電子メールの7割が迷惑メールであることが、
「迷惑メール対策推進協議会」のまとめでわかった。


国内の規制が厳しくなった結果、大半が海外からの発信だと言う。


発信国別でみると、中国からが全体の約2割で最多。
今年に入ってブラジル発が急増する等、
発信国は全世界に広がっている。


迷惑メールの約9割を「出会いシリーズ統ウェブサイト」の
広告宣伝が占めるのがわが国の特質。


海外ではネットやコンピューター製品、
医術等の広告宣伝が多いという。


迷惑メールの大半は利用者にとどく前にプロバイダーなどが処理されているが、
インターネットワークへの負荷が殖える。
この為、政府や民間会社は迷惑メール撲滅に向けた国際的な連携を強めている。


日本では2002年に制定された特定電子メール法の改正を重ねて対策を強化。
国内発の迷惑メールは減ったが、
逆に海外発のメールは増えると言ういたちごっこが続いている。

NTT MC、携帯電話機をかけるだけでURL情報等がメールでとどく「空電(からでん)」を提供開始

NTTメディアクロスは9日、
携帯電話機をかけるだけでURL情報等がメールで達する
クロスメディアツール「空電(からでん)」を発表した。


6月15日より本格サービス展開を開始する。


「空電」は、雑誌、新聞、テレビ、ラジオ等各種メディアや
コールセンターで紹介される広告等の詳細情報をラクラクに入手する筋書きとして、
URLの入力や二次元バーコードの読み取りといった煩雑な作業を行なうことなく、


「電話機をかける」だけで携帯ウェブサイトのURL等を
メールで受信できるようになる。


NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯3キャリアに対応し、
流通して居る携帯電話機端結最後の90%以上にあたる
9900万台以上の端結最後をカバーした。


具体的には、携帯電話機からのダイアル接続により、
自動的にその携帯電話機に対してショートメール(SMS、Cメール)を
返信する機能を用意。


従来は、携帯電話機利用者が携帯ウェブサイトを閲覧する情景合、
メールアドレス、URL、検索キーワード等の入力や、
二次元バーコードの読み取りを行なう必要があったが、


各種メディアに記載された
10桁の電話機番号をダイアルするだけで、SMSが返信される。


このSMSの受信時にかかる携帯電話機利用者の通信料は、
サービスを活用する会社が精神経済的精神的経済費用金銭負担するため、
利用者に費用が発生する件も無い。


クーポン券の配布、待ち受け画面の配信等も可能。


特定電子メール法における迷惑メール規制に準拠し、
送付されるSMSは、携帯電話機利用者が電話機をかけた際にその都度、
NTTメディアクロスの空電メカニズムにより送信の承諾をとるフォルムとなる。


なお同メカニズムは、6月10日〜12日に迄幕張メッセで開催される
「デジタルサイネージジャパン2009」NTTブースでも、
参考展示が実施される予定。

プロバイダの迷惑メール対策に差が…

迷惑メール対策としてプロバイダが導入する方法が
10種類あるそうなんですが、
最大8種類を導入しているプロバイダが多いそうです。


2種類しか導入してない会社もあります。


でもコレって多ければ多いほど
よい訳ではないと思います。


このフィルタに引っかかって
届かないメルマガも出てきますから。


よくプロバイダアドレスで登録して下さいという
表記を見かけますが、
プロバイダアドレスで登録した方が
見られない…なんてこともあります。


パソコン前の作業を減らす為にも
私はフリーメールで受信して
携帯から読んでます。


かなり便利です。


迷惑メールフォルダに入ってても
自分の操作で出せるから
カンタンにすぐ読めちゃいます。

メールアドレスを掲載する時は注意書きが必要?

特定電子メール法(通称・迷惑メール防止法)が改正されて
2ヶ月が経ちますが、未だに俗に言う迷惑メールは多いですね。


もしSNSなども含めてメールアドレスを公開している場合で
広告メールや迷惑メールの受信を望まない場合、
注意書きをしておいた方がいいみたいです。


広告メールや迷惑メールが欲しくて公開してる訳では
当然ないんですが、検索エンジンで検索してきたり、
ランダムに生成してヒットさせたりしてるみたいです。


法律をかみ砕いて解釈すると、
お断りを表記していない公開メールアドレスには
広告メールや迷惑メールを送ってもよいことになるようです。


企業のお問い合わせ窓口で公開されてるのも
対象になるんでしょうか。。。


とらえ方とモラルの問題ですが、
一言添えておくだけで、あまりに酷い場合に
通報する一つの条件になると考えられるので、
メールアドレスの近くに、
こんな風に一言添えた方がいいみたいです。


【特定電子メール法に基づく表示】
広告メール・迷惑メールの送信は固くお断りします。


question.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。